フォーラムページは絶賛リニューアル中です。(質問は常に受け付けております。)

意外と知らない!?基本的な野球用語の定義や意味を解説してみる!【打者編】

データ・セイバーメトリクス関連

 

どうも野球好きのためのフォーラムサイトgeek894.com管理人の894です。

今回は、知ってるようで意外と知らない基本的な野球用語について、公式記録も含めてできるだけわかりやすく解説してみようと思います。

最近野球を見始めたという人や、セイバーを勉強し始める前に基本的な指標について理解しておきたい方々(私も含めてw)の参考になればと思います。

スポンサーリンク

野球用語ってわかりにくいよね

野球用ごと一口にいってもその種類は数え切れない程あります。

NPBの公式記録として扱われている記録だけでも軽く50種類以上あります。

長年野球を見続けている人でも、「打席」と「打数」がごちゃごちゃになっていたり、「捕殺の定義は?」と聞かれてもすぐに答えられないなんてザラですよね(笑)

(もちろん私もです(笑))

そんなわけで、今一度基本的な野球用語の正しい定義や意味を確認していきたいと思います。

ところどころ間違いなどあるかもしれないので、もし間違えている箇所があった場合はコメントいただけるとありがたいです。

 

打者編

打者に使われる用語だけでもかなりありますね。

意外と間違えやすい用語もあったりするので気をつけたいところです。

 

打席数と打数

打席数と打数って間違えやすいですよね(笑)

打席数=打数+四死球+犠打+犠飛+打撃妨害
打数=打席-(四死球+犠打+犠飛+走塁妨害+打撃妨害)

「打席数」とは、打者がバッターボックスに立って打撃を行った全ての回数をカウントしたものです。

それに対して「打数」とは、打席数から四死球や犠打などの記録を除いた数のことをいいます。

四死球や犠打などを打者の打数に含めてしまうと、打率を計算した時に打者の純粋な能力が成績に現れにくくなってしまいます。

そのため打席数と打数は区別されているのではないかと思っています。

 

得点と打点(得点打)

得点と打点も間違えやすい野球用語の一つだと思います。

「得点」とは、打者が出塁してアウトになることなく本塁(ホーム)に帰ってくることをいいます。

得点は、打者だけでなくチームに対しても記録されます。

「打点(得点打)」は、打者が安打、犠打、犠飛、内野ゴロ、野手選択、押し出し四死球、打撃妨害、走塁妨害で走者が得点した場合に記録されます。

もちろん、自分でホームランを打って生還した場合にも記録されます。

打点の計算方法は割と単純で、自分の打撃によって生還したランナーの数がそのまま得点として記録されます。

それに対して、得点は自身がホームに生還した回数のみがカウントされます。

 

安打(ヒット)

安打(ヒット)とは、バッターの打った打球がフェアゾーンでバウンドする前に捕球されず、打者がいずれかの塁に到達(出塁)することをいいます。

少々わかりにくい言い方になってしまいましたが、ようは下の動画のように打ったボールがアウトとしてカウントされなければヒットです(笑)

塁上に走者がいる場面で打者がヒットを打つと、ランナーに進塁義務が発生します。

もちろん、本塁打も安打数に含まれます。

【イチロー3000本】全安打集 Ichiro Suzuki 1001~1500本

イチロー選手のバッティングでよく見かける「内野安打」とは、安打の中でも内野に落ちたヒットのことを内野安打と呼びます。

 

ゴロとフライとライナー

打球のうち、地面に転がるような打球を「ゴロ(Ground ball)」、空中に放物線を描くように飛ぶ打球を「フライ(飛球:Fly ball)」、一直線に鋭く飛んでいくボールを「ライナー(Line drive)」と呼びます。

それぞれ外野に飛んだか内野に飛んだかで「外野フライ」「内野ゴロ」などと呼ばれたりします。

なんだ変わりにくいような気もしますが、実際の定義もこんな感じなので正直ほとんど現場の審判や記録員の判断によるところがあります(笑)

通常、塁上にランナーがいる場面で、フェアゾーンにボールが落ちた場合はランナーに進塁義務が生じますが、フライの場合は捕球されるまでベースに触れていなければなりません。

ちなみに、フライの中でも打った瞬間にほぼ真上に高く上がるような打球を「ポップフライ」と呼ぶこともあります。

 

フェアとファール

打者が打ったボールがフェアゾーンに落ちればヒットとなるわけですが、そのフェアゾーンとは具体的にどこなのでしょうか?

言葉で説明するのは難しいのでそこそこわかりやすい画像を作ってみました(笑)

 

この図の青い部分が「フェアゾーン」で赤い部分が「ファールゾーン」です。

ファールライン上はフェアです。

フェアとファールの境目には、ホームベースと一塁及び三塁それぞれを結んだラインが引いてあります。(一塁線と三塁線)

基本的には、ファールゾーンに落ちたボールはすべてファールボウルとしてカウントされますが、ファールゾーンに上がったフライを野手が補給した場合はアウト(邪飛)として記録されます。(一度触れるとファールゾーンに落ちてもフェア)

 

ちなみに、一塁三塁ベースより手前に落ちて転がったボールもファールラインを超えて止まるとファールと判定されます。

先日のこのプレーは、柳田選手の打った打球がファールゾーンに転がると判断したヤクルト野手陣の判断が外れて、フェアゾーンにとどまったためヒット(内野安打)となり走者の生還が認められてサヨナラとなりました。

珍しいプレーですが、時々見かけるプレーで見ている側としてはドキドキしてしまいます(笑)

 

塁打数

塁打数=単打数×1+2塁打×2+3塁打×3+本塁打×4

普通に野球を見ている分にはほとんど使うことがありませんが、長打率を計算したりする際に使われる指標です。

塁打数を打数で割ると長打率になります。

 

本塁打(ホームラン)

本塁打(ホームラン)とは、一般的に打者の打ったボールが外野のフェンスを越えてスタンドに入った(もしくは球場外に出た)打球のことをいいます。

ホームランと判定されると打者及び走者は無条件にホームに生還することができます。

外野フェンスを超えた打球であっても、球場の一塁線と三塁線の延長線上に設けられた2つのポールの間に入った打球のみがホームランと判定されます。

そのポールの外側であればファールゾーンとみなされ、いくら場外に出てもファールボールです。

 

ランニングホームラン

本塁打の中でも、打者の打った打球がフェアゾーンに落ちて、守備のエラーなく打者が生還した場合を特別に「ランニングホームラン」と呼びます。

ランニングホームランであっても、ホームランとしてカウントされます。

イチロー選手が米メジャーリーグのオールスターゲームで達成した記録としても有名ですね。

(史上初の記録です。)

イチロー ランニングホームラン

 

盗塁

盗塁とは、走者が安打、刺殺、失策、封殺、野選、捕逸、暴投、ボーク以外の方法で進塁することをいいます。

「塁を盗む」という言葉から「スチール」という表現がされることもあり、2人の走者が同時に盗塁することを「ダブルスチール」と呼びます。

基本的には、投手の投球時に一塁走者が二塁に進塁することが多いです。

盗塁に失敗してアウトになると「盗塁刺(死)」が記録されます。

あまり見られないプレーではありますが、本塁を狙って盗塁することを「ホームスチール」とよんだりもします。

盗塁と似たようなプレーに「野手選択による進塁」というのがありますが、これはダブルスチールの失敗時や守備側が盗塁を阻止しようとしなかった場合に記録されることがあります。

 

犠打(犠牲バント)と犠飛(犠牲フライ)

犠打と犠飛とは、自信がアウトとなりながらも走者を進塁させる行為を指します。

両者ともひとまとめに「犠打」と処理されることもありますが、セイバー指標などを計算する際は区別することが多いです。

文字で見るよりも実際の映像を見たほうがわかりやすいと思うので、わかりやすい動画を載せておきます(笑)

宮本慎也の神技 バントの極意

バントが行われる場面は主に二つです。

1つは、ノーアウトもしくは1アウトの場面で走者が一塁に出塁している場合。

これはアウトカウントを1つ増やす代わりにランナーを2塁(得点圏)に進塁させることで得点効率を高める目的で行われます。

ランナーが確実に盗塁を成功させてくれればいいのですが、もし盗塁に失敗した場合はアウトになるだけでなく走者もいなくなってしまうためみすみすチャンスを潰してしまうことになります。

2つ目は、ランナーが3塁にいる状況でランナーを本塁に生還させるためのバントです。

これは「スクイズ」と呼ばれます。

高校野球などでよく見られる攻撃ですね。

プロレベルでは決まりにくいプレーですが、アマチュア野球の守備レベルでは意外と決まる場面も多いようです。

 

YouTube

犠牲フライには、「タッチアップ」というプレーが関わってきます。

基本的に犠牲フライは、3塁にランナーがいる状況で試みることが多い攻撃です。

ちなみに、犠牲フライによって得点した場合は、犠牲フライを打った打者に打点が記録されます。

 

タッチアップ

タッチアップとは、ランナーが塁上に居る状況で打者がフライを打ち、それを野手が捕球してから次の塁に進塁することをいいます。

どうしてこんなにややこしいものがあるのかというと、フライが上がって捕球されるまではランナーはベースに触れていなければならないというルールがあるためです。

もしこのルールがなければ、外野に打球を打てば打つほど点が入り続けることになってしまいます。

(センターフェンスからホームまでは約100mあるため、打球を追いかけて捕球してからホームに投げるまでの時間でランナーが進み放題になっちゃいます。)

 

四球(フォアボール)と死球(デッドボール)

打者が出塁する方法の中でも、四球と死球(四死球)は自身の打撃に関係なく投手の投球によって出塁します。

四球(フォアボール)とは、1打席のなかで投手の投げたボールがストライクゾーンを外れ、ボールと判定された数が4球に達して出塁することをいいます。

基本的には、投手のコントロールが悪くストライクに入らなくてフォアボールとなる場合が多いですが、強打者との勝負を避けるために故意に四球を出す行為も「敬遠(故意四球)」として記録されます。

死球(デッドボール)とは、ピッチャーの投げたボールが打者の体の一部に当たった場合に記録されます。

デッドボールが明らかに故意であると判定された場合は、「危険球」とみなされ退場処分となることもあります。

また、打者が故意にボールに当たりに行った場合はデッドボールとみなされません。

元広島の達川光男さんは、デッドボールではない球をデッドボールかのように演技して出塁していたことで球界の詐欺師として非常に有名ですね(笑)

プロ野球 詐欺師対決

平成生まれの私からすると、達川さんというと「詐欺師」か「あのね~あのね~」の人というイメージしかありません(笑)

 

三振

三振とは、1打席で打者が3回ストライクを取られることをいいます。

3ストライク目が空振りだと「空振り三振」、見逃しであれば「見逃し三振」と呼ばれ、スコアブックでは「K」と記録されます。

基本的には三振するとその打者はアウトになりますが、キャッチャーが捕球できなかった場合は以下の振り逃げが適用されます。

 

振り逃げ

振り逃げとは、3ストライク目のボールをキャッチャーが取りこぼした場合に、打者が一塁に向かって走る行為をいいます。

この場合は、野手が打者走者をタッチするか、打者走者が一塁に到達する前に一塁に送球しなければアウトになりません。

実際は、この振り逃げが成功して打者が出塁できるケースというのは希です。

正直、この辺の詳しいルールについてはよくわかっていません(笑)

 

 

併殺打(ゲッツー)

併殺打とは、塁上にランナーがいる場面で、1つの打球をめぐるプレーで2つのアウトを取られることをいいます。

併殺のことをゲッツーと呼んだりもしますね。

ワンプレーで2つもアウトを取られてしまうため、攻撃側としては非常にもったいないプレーですが、守備側としてはラッキーなプレーでもあります。

コアな野球ファンになってくると、好みの併殺パターンがあったりします(笑)

(ちなみに私は4-6-3が好きです。異論は認めます。)

YouTube

現役選手で最も併殺打を打っている打者は、広島の新井貴浩選手です。

(ツラゲなんて言われたりもしますね(笑))

一見不名誉な記録に見えますが、それだけ多くの打席に立っているという証でもあり名選手の勲章としても見ることができます。

 

打率

打率とは、その名のとおり打者がヒットを打つ割合を表した指標です。

打率=安打数÷打数

計算が非常に簡単なので、セイバーメトリクスが流行っている現在でも打者の能力を表す指標として最も知られています。

大体0.300を超えると一流バッターとして評価される傾向にあります。

ちなみに、首位打者のタイトルは打率が最も高かった選手に与えられます。

 

テキサスヒット(ポテンヒット)

テキサスヒットとは、内野の頭を超えて内野と外野の間にポテンと落ちるヒットのことをいいます。

ポテンヒットということのほうが多いかもしれません。

この語源は「テキサスリーグ」という独立リーグの選手がよく打ったからという説が一般的です(笑)

 

引っ張りと流し打ち

「引っ張り打ち」とは、右打者であれば左(レフト)方向に、左打者であれば右(ライト)方向に打球を打つことをいい、「流し打ち」とはその逆方向に打球を打つことをいいます。

一般的に、引っ張った方がホームランになりやすく、流し打ちは出塁しやすいと言われています。

インコースの球や早めのタイミングで打てば引っ張り方向の打球、アウトコースの球や少し遅めのタイミングで打てば流し方向の打球になりやすいようです。

 

タイムリーヒット(適時打)

タイムリーヒット(適時打)とは、ランナーがいずれかの塁に居る状況で、打ったヒットが打点につながることをいいます。

いくら出塁してもタイムリーが出ず得点につながらない状態を揶揄して「タイムリー欠乏症」なんて言い方をされることもあります(笑)

 

PR:何かを始めるのに遅すぎるということはないのだ
アズールレーン

アズールレーン

Yostar, Inc.無料posted withアプリーチ

PR:何かを始めるのに遅すぎるということはないのだ
アズールレーン

アズールレーン

Yostar, Inc.無料posted withアプリーチ

最後に

こうやってまとめてみると、意外とよくわかっていない野球用語って多いんですよねえ…。

野球を見始めたばかりのうちは「専門用語が多くてよくわからない」なんてこともあるかと思いますが、野球を見続けていると自然とわかってくるようになるはずです。

本当はこの記事だけで投手や守備に関する用語も解説したかったのですが、思ったより長くなってしまったので続きは別記事で出したいと思います(笑)

コメント