パンタグラフ式キーボードFILCOのExcellio Lite(FKBE109/JW2)を使ってみての感想「キータッチは気持ちいいしボディの剛性感もたまらねえ!」

シェアする

どうもキーボードはパンタグラフ派のHachiQ4です。

今回は、最近新しく購入したパンタグラフ式キーボード「FILCO Excellio Lite(FKBE109/JW2)」を使ってみてのちょっとした感想を書いてみます。

久々にGTA5以外の記事です(笑)

スポンサーリンク

俺流キーボード選び

俺流なんていってもそこまでキーボードにこだわりがあるわけではありませんが、私なりの貴ボード選びの基準と今回のキーボードを購入した経緯を少しだけ(笑)

なんといってもパンタグラフ式!

キーボードにはメンブレン式とパンタグラフ式の2種類がありますが、個人的にはパンタグラフ式が一番落ち着きます。

というのもやはり子供の頃からノートPCのキーボードに慣れていたからというのが一番の理由です(笑)

パンタグラフ式も使っていた時期はあったのですが、キーの大きさやタイピング時のカタカタ音が耳障りであまり好きになれませんでした。

(もちろん高級なモデルを使えばまた違ったりするのかもしれませんが)

そんなわけで私のキーボード選びではパンタグラフ式であることが一番重要なのです(笑)

テンキーは必須

最近ではテンキーのないタイプのキーボードも少なくありません。

特にパンタグラフ式となるとスリムなデザインのモノが多いのでテンキーは省かれがちです。

ところが、これだと数式の入力時に不便ですし、そもそもGTA5でMODメニューを操作することができなくなります(笑)

というわけでテンキーは必須です(笑)

キーボードの予算は5000円以下

キーボードは毎日使うものなのでちゃんとしたものを買いたいのですが、個人的には5000円以上の多機能なものは私には持て余してしまうと思っています(笑)

もちろん、機能を絞ったシンプルなものであればそれでいいのですが、ゲーミングキーボードなんかは目がチカチカしそうで苦手です。

それになにより、キーボードに1万円以上出せるほどの余裕もありません(笑)

コスパを求めて予算は5000円以下で探すことにしています。

これまで1番気に入っていたキーボード

今回わざわざキーボードを新調することにした理由は、これまで愛用してきたキーボードが壊れてしまったためです…。

上の画像のELECOM TK-FCP004BKは4年ほど愛用していましたが、ある日突然左半分のキーが反応しなくなってしまいました。

R.I.P…

かなり気に入っていたので当初は同じものを買い直そうと思っていたのですが、当時は4000円以下で買えたこのモデルも、昨年販売終了していたようで今では15000円ものプレミア価格がついてしまっていたため諦めました(笑)

再販してくれたら間違いなく買います(笑)

しかたなく貰い物のキーボードで我慢してたけど…

キーボードが使えないのではどうしようもないので、PCを組んでまもない頃にいただいたiBuffaloのワイヤレスキーボードを使っていました。

しかしながらこれはメンブレン式…

しかも激安品…

正直使い物になりませんでした(笑)

(チャタリングがひどすぎてw)

FILCO Excellio Lite(FKBE109/JW2)

ということで本題です。

今回購入したキーボードはFELICOというメーカーのExcellio Liteというモデルです。

外箱と外観

外箱はこんな感じでなんとなくおしゃれなパッケージです。

中身はキーボード本体と取扱説明書兼保証書のみです。

シンプルイズベストです(笑)

キー配列は一般的な109キーボードです。

これまではスリムタイプの103キーだったりしたので若干なれないところはあります(笑)

ちなみに、USBケーブルの結束バンドにちゃっかりFILCOのロゴが入っていたりします。

コード自体はかなり太めでしっかりしている上に長さもかなりある(1.8m)ので取り回しに困ることはなさそうです。

一時しのぎで使っていたiBUFFALOのワイヤレスキーボードと並べてみるとかなり大きく感じます。

それでも、横幅の割にはスリムなボディなのでそこまでの威圧感は感じません。

NumLockやCapsLockのライトは白色LEDです。

自作PCにありがちな青色LEDが苦手な私からするとこういう部分もお気に入りだったりします(笑)

鉄板プレート入りでずっしり&高剛性

Excellio Liteの特徴の一つに鉄板シャーシが採用されているという点があります。

これのおかげでキーボードの剛性がかなり高いので多少強めにタイピングしてもボディがしなったりしません。

ただし、重さが1kgもあったりします(笑)

浅めのストロークだけどしっかりとしたキータッチが心地良い

Excellio Liteのキーピッチは19mmとかなり浅めです。

しかし、固めでっしっかりとした打鍵感があり、ボディの高剛性と相まってかなり心地よくタイピングできます。

タイピング音も一般的なパンタグラフ式同様うるさすぎない点も気に入っています。

撮り方が悪くて伝わりにくいですが、スタンドによって角度も変更できるので長時間のタイピングでも疲れは少ないです。

無駄な機能は一切なし!だけどそこがいい!

これまで使ってきたキーボードには音量調節や電卓の呼び出しといったボタンが付いていましたが、正直ほとんど使っていませんでした(笑)

特にスリムタイプで多機能なキーボードになるとFnキー+F1~12のように割り当てられていたりするので無駄なキーが増えたりして鬱陶しかったりします。

キーボードは文字さえ打てればそれで十分なのです(笑)

[PR]クルマ好きのための写真投稿アプリ「CARTUNE」

CARTUNE 車とカスタムの写真共有SNS

CARTUNE 車とカスタムの写真共有SNS
開発元:Michael Inc
無料
posted with アプリーチ

最後に

これまでメンブレン2つとパンタグラフ2つを使ってきましたが、やはりパンタグラフ式が一番しっくりきます。

残念なことにパンタグラフ式の選択肢はあまり多くありませんが、このExcellio Liteはかなりコスパの高いモデルだなと感じています。

もしパンタグラフ式のキーボードを探しておられる方はぜひ検討してみてください(笑)