【MLB 2022】メジャーリーグに所属する日本人選手は?活躍するのは誰?

千葉ロッテ・佐々木朗希投手の2週連続完全試合(4月17日は8回で降板)に沸く、日本プロ野球界。一方、海を越えたアメリカ・メジャーリーグでも日本人選手たちが大いに活躍する姿を見せています。

今回は2022年シーズンにメジャーリーグに所属する日本人選手をご紹介していきます。試合をもっとエキサイティングに観戦するならスポーツベットもおすすめです。

メジャーリーグも2リーグ制!リーグ別日本人選手一覧

メジャーリーグは、日本のセ・リーグとパ・リーグ同様にに2つのリーグに分かれています。1つはアメリカン・リーグで指名打者制があります。対して、ナショナル・リーグでは指名打者制はありません。なお、両リーグとも予告先発制をとっています。

それぞれ本拠地の場所によって、西地区・中地区・東地区の3つの地区に分かれて戦います。

アメリカン・リーグ所属の日本人選手

  • 大谷翔平 選手(ロサンゼルス・エンゼルス)
  • 前田健太 投手(ミネソタ・ツインズ)
  • 菊池雄星 投手(トロント・ブルージェイズ)
  • 加藤豪将選手(トロント・ブルージェイズ)
  • 沢村拓一 投手(ボストン・レッドソックス)

ナショナル・リーグ所属の日本人選手

  • ダルビッシュ有 投手(サンディエゴ・パドレス )
  • 筒香嘉智 選手(ピッツバーグ・パイレーツ)
  • 秋山翔吾 選手(シンシナティ・レッズ)
  • 鈴木誠也 選手(シカゴ ・カブス )

上記の9人の他にも、テキサス・レンジャーズ傘下でマイナー契約を結んでいる在原航平投手がいます。しかし、今のところメジャー契約の獲得には至っていません。

注目は今季からメジャー挑戦の鈴木誠也!すでに週間MVP受賞

昨シーズンは二刀流・大谷翔平選手の話題で一色だったメジャーリーグ。もちろん今シーズンもたくさんの「ショータイム」を披露してくれることは間違いないでしょう。が、筆者が今季特に注目しているのは、カブスの鈴木誠也選手です。

ここまで打率.429、本塁打4本(2022年4月20日現在)と文句なしの大活躍。18日のレイズ戦ではメジャーで初めて4番に座るなど、早くも首脳陣の信頼を勝ち取っています。また、開幕2週目でナ・リーグの週間MVPを初受賞。これは、メジャー1年目だった2018年にエンゼルス・大谷翔平選手が獲得した際の最速記録に並びます。

走攻守三拍子揃った実力は折り紙つき。直近でMLBに挑戦した筒香嘉智選手ら野手陣が当初の期待通りの活躍を残せていないので、鈴木誠也選手への期待はますます高まります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする