2023年発売決定!「PlayStation VR2」は何がすごい?

2023年発売決定!「PlayStation VR2」は何がすごい?

ソニーは、仮想現実の世界を楽しむことが出来るVR機器「PSVR2」を2023年2月22日に発売することを発表しました!「PSVR2」は、ソニーから発売されるおよそ6年ぶりの新作VR機器で、初代「PSVR」から性能が大幅に進化していると、VRユーザーから多くの注目を集めています。

今回は進化した「PSVR2」の何がすごいのか、初代「PSVR」との比較を交えてまとめてみました!

PSVR2とは?

「PSVR2」は、2016年にソニーから発売されたバーチャルリアリティ空間を楽しめるVR機器「PlayStationVR」(通称「PSVR」)の後継機です。

まるで自分がゲームの世界に入っているような没入感が味わえるだけでなく、映画や動画などを自分の視界いっぱいに楽しむことが出来るPSVRが、ユーザーの意見を取り入れて大幅に改良され、およそ6年ぶりに帰ってきました!

VR ゴーグルの6つの特徴

①配線が少ない!

初代PSVRは、使用するために3本のケーブルを各種機器に接続しなければならず、激しめの動作や収納時にごちゃついてしまいがちでした。

しかしPSVR2ではUSBケーブル1本で使用可能となり、配線に関する煩わしさが大幅に軽減されています!これによってVRゴーグルの取り回しが快適になり、大きな動作を必要とするゲームでも快適にプレイすることが可能となりました。

数あるVR機器の中には無線のものもあり、有線より快適に使用できると言われていますが、「有線の方が処理速度が速く、直感的な操作を必要とするVRゲームに適している」、という判断に至ったのではと予想されています。

②レンズ位置の調整がラク!

VR機器に共通する問題として、ゴーグル内のレンズと個人差のある目の位置の調整に手間取ってしまいがちな点が挙げられます。

そこでPSVR2では、使用者の目の位置をVR ゴーグル側が認識し、映し出された参考イラストに合わせて調節出来るという画期的な機能を搭載しました。手軽にレンズを自分のベストな位置に調整できるので、家族が使用した後の再調整も簡単に行うことが出来るようになりました!

③振動機能搭載で臨場感UP!

PSVR2のゴーグルには、振動フィードバック機能が搭載されているので、ゲーム内で起きた衝撃やキャラクターがアクションを行った際にVR ゴーグルが振動し、より高い臨場感でゲームの世界を体感することができるようになりました。

手元や視界だけでなく頭部の振動も加わったことで、これまでより全身でゲームを楽しむことが出来そうですね!

④人間の視線の動きを正確に検知!

視線トラッキング機能の搭載により、視線を向けただけでキャラクターが視線の方向を見るという、より直感的な操作が可能になりました!正しく認識されていない場合は、設定で映し出される点を視線で追うだけで簡単に調節できるので安心です。

さらに視野の中心部分を精密に描写し、中心から離れた部分の解像度を抑えるフォービエイテッドレンダリングという技術と合わせることで、ゲームのパフォーマンスを向上させ、より滑らかな映像体験が出来るようになっています。

⑤柔軟なプレイエリアの確保!

初代PSVRは、「アウトサイドイン方式」という外部カメラで使用者の動作を検知する方式で、外部カメラの死角にプレイヤーが出てしまうと「プレイエリアの外です」という表示が出て、ゲームの進行が止まってしまうという問題が頻発していました。

動作を検知するには最適な方式ですが、死角がある分大きな動作がしにくく、初代PSVRは基本的に座ってプレイすることを推奨しています。

一方のPSVR2では、「インサイドアウト方式」というVR ゴーグル側にカメラを搭載するという方式を採用しています。この方式により、自分の周囲を見回してVR ゴーグルにエリアを検知してもらえば、その範囲内で自由に動作が出来るという、より柔軟なプレイエリアの確保が可能になりました!

今までより激しい動作が可能になっただけでなく、気になっていたオブジェクトの裏側を覗けるなど、外部カメラの死角を気にせずにより高い没入感を味わえる改良が施されています。

自分の立っている位置を確認したい場合はVR ゴーグル下部のボタンを押せば、搭載されているカメラによって自分の周囲をモノクロ映像で確認できるため、つい動きすぎてしまっても心配はありません。

⑥美麗な映像体験!

初代PSVRの解像度が片目あたり960×1080だったのに対し、PSVR2は2000×2040と4倍の解像度となっています!

初代PSVR同様有機elパネルの搭載により、繊細で美しい映像をそのままVR ゴーグルに投影できる上、シネマティックモードを使用すれば仮想空間上に現れるモニターで臨場感あふれる映画鑑賞をすることも可能です。

さらに視野角も110度と、初代PSVRより10度広くなっているので、広範囲の映像をより鮮明に楽しむことができます。

PSVR2のコントローラーの特徴

実際に手を使っているような使用感!

コントローラーの形状はほかのVR機器と大きな差異はなく、人間工学に基づいた自然な手の形でフィットするオーブ型を採用しています。

フィンガータッチ機能により指がボタンに触れるだけで認識してくれるので、直感的で自然な操作が可能です。また、PS5のコントローラー同様「ハプティックフィードバック」と「アダプティブトリガー」を採用しているので、素材の違う床を歩いた時の感触や、オブジェクトの重量感などを指でリアルに感じることができます。

VR ゴーグル搭載カメラで手の動作がより自由に!

前述したインサイドアウト方式によって、VR ゴーグルに搭載されたカメラがコントローラーの位置を正確に追跡するので、ゲーム内で複雑な位置に置かれているものを触りたいときに、コントローラーが検知してくれないといった問題を解決してくれています。

より自由度の高い探索が可能で、ゲームの世界観により入り込める仕様となっているのです。

PSVR2の気になる価格や注意点は?

初代PSVRに比べ、快適にプレイできるよう大幅に改良されたPSVR2。その気になる価格は、希望小売価格で74,980円(税込)となっています。

初代PSVRは38,478円(税込)でおよそ2倍の価格となっておりますが、PSVR2にはコントローラーが最初から同梱されている分この価格になっているのではと予想されています。

購入時の注意点としては、PS4ではプレイできない点と初代PSVRのゲームはプレイできないという点です。PSVR2で遊ぶにはPS5の購入が必須であり、今後発売されるPSVR2専用のソフトを用意しなければならないので、注意しましょう。

まとめ

今回は、およそ6年ぶりにソニーから発売されるVR機器「PSVR2」について紹介しました!

初代PSVRを使用するにあたって感じていた煩わしさが取り除かれ、よりVRの世界に没頭できるさまざまな改良がなされていることがわかりました。

VRファンはもちろん、これを機に新たにVRの世界を体験してみたいという人はぜひ、2023年2月22日発売のPSVR2の購入を検討してみてはいかがですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする