【GTA】スト鯖とは?主催者は誰?開催期間は?参加者やその職業もご紹介!

世界的に大人気のゲームタイトル『GTA』。最近では、人気のストリーマーやVtuber、プロのゲーマーなど、様々な人たちを集めて一緒に『GTA』を楽しむ『スト鯖』が開催されていました。今回はそんな『スト鯖(GTA)』について、主催者や開催期間、参加者やそれぞれの職業などについて紹介していきます.

スト鯖とは

スト鯖とは、ストリーマーサーバーの略です。簡単に言えば、たくさんのストリーマー(配信者)が集い、一緒にゲームをプレイする専用のサーバーです。専用のサーバーなので、様々な設定やシステムを導入することができるため、多種多様な遊び方で楽しめるようになっています。ストリーマー同士が交流を深めるだけでなく、視聴者も新たなストリーマーを知ることのできる機会なので、両者にとっていいことぞろいです。そして、今回紹介するGTAのスト鯖は「VCRサーバー」です。

VCRサーバー

2020年に発足し、アパレル製造業を勤しむ土井郁輝氏(通称:土井さん)がまとめあげている招待生ゲームコミュニティの「VAULTROOM」と日本でも特に認知度の高いプロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」が今回紹介する『GTAスト鯖』の主催者です。「VAULTROOM」と「Crazy Raccoon」は今までにも多くのイベントの主催を行ってきました。ストリーマーだけでなく、お笑い芸人、ミュージシャンやタレントなどが集い『Apex Legends』や『VALORANT』といったFPSゲームの大会を行ってきました。そのほかにも、『ARK』や『RUST』、そして『GTA』といったタイトルでもイベントを開催しています。どれも面白いので、気になった方は過去のイベントも検索してみてください。

開催期間

VCRサーバーの開催期間は2023年12月10日の20時~12月23日の02時まででした。サーバーの稼働時間は昼の12時から朝の6時までの時間帯で行われていました。時間帯的にはどうなんでしょうね、結構疲れそうですよね。

VCRサーバーのシステムやルール

今回のVCRでも、参加しているプレイヤーが皆楽しめるように、様々なルールやシステムを設けました。

楽しみ方は無限大

GTAは、その自由度の高さからできないことの方が少ないと言われているタイトルでもあります。VAULTROOMが発表したティザー映像には、サッカーをする様子や公衆トイレの形をした乗り物などが多数登場しており、第一回とは一味違う『グランド・セフト・オートV』を見せてくれました。 釣りをするものや、喫茶店を営む人、不動産屋を経営しながら記者として働くものなど、様々なドラマがみられました。特に警察とギャングの抗争は笑いり、涙ありのドラマが繰り広げられました。

ちなみにですが、ティザーPVに使われている音楽はPUNPEEやC.O.S.Aといったアーティストが所属している、日本のヒップホップレーベル・SUMMITに所属するラッパー/トラックメイカーのVaVaが手掛けています。

参加者と職業

今回のスト鯖 GTAに参加した人を全員紹介することはできませんが、参加した方と職業を少し紹介していきます。

  • K4SEN - ZETA DIVISION -パン屋
  • Suruga MonKey -DETONATOR -警察:北署
  • Kinako - Crazy Raccoon - 喫茶店
  • Arisaka - Crazy Raccoon -喫茶店
  • ありけん - RIDDLE - 警察:北署
  • 葛葉 - にじさんじ -個人医
  • 叶 - にじさんじ - 個人医
  • 一ノ瀬うるは - ぶいすぽっ! - 警察
  • 常闇トワ - ホロライブ - 警察
  • 夕刻ロベル -  ホロスターズ - 救急隊
  • 緋月ゆい- Neo-Porte - 救急隊
  • トナカイト - UUUM - 警察

他にも大勢の参加者が参加しています。総勢100名以上の参加者が連なり、様々なドラマを残していきました。

まとめ

今回は、スト鯖について紹介しましたがいかがでしたか。イベント自体は何ヶ月かに1回行われているため、気になる方はぜひ「VAULTROOM」のTwitterなどを確認してみてください。