Epic版GTA5でFiveMを使ってスクリプトMODを使う方法を解説します(+仮説の話)

どうも、17時以降のドリンクはすべてアルコール。HachiQ4です。

今回は、Epic版GTA5でFiveMを使ってスクリプトMODを使う方法を解説します。

実にシンプルなので短い記事になるかと思います。

Epic版GTA5についての考察

Epic版GTA5を取り巻くMODの現状については以下の記事でまとめています。

 

FiveMを使えばいいんだよ!!

Working mods on Epic Games GTA: V | Workaround Guide

こちらの動画は海外の方の動画ですが、Epic版のGTA5を使ってMODプレイしている様子が解説されています。

こちらの動画では、FiveMのSinglePlayモードで起動することでスクリプトMODの使用に成功しています。

この発想はありませんでしたが、たしかにこれだったら簡単にMODが使えますね(笑)

 

FiveMとは

FiveMとは、非公式のオンラインプレイを可能にするプロジェクトのことで、MODを使ったオンラインプレイを可能にしてくれます。

いわばオンラインプレイ自体がMODです。

FiveMの概要や導入方法については、詳しく解説している記事がありあますのでそちらをご覧くだささい。

 

PR:何かを始めるのに遅すぎるということはないのだ

PR:何かを始めるのに遅すぎるということはないのだ

FiveMを利用してスクリプトMODを使う方法

FiveMを利用してEpic版GTA5でMODを使う具体的な流れは

  1. FiveMをインストール
  2. \FiveM.app\pluginsに使いたいスクリプトを入れる
  3. FiveM Singleplayerから起動する

以上です。

FiveMのインストールについては、上で紹介したFiveM解説記事を参考にしてください。

 

FiveMにスクリプトMODを導入する

FiveMをインストールすると次の3つのファイルがフォルダーにあるはずです。

  • FiveM Application Data (FiveM.app)
  • FiveM Singleplayer
  • FiveM.exe

このうちの”FiveM Singleplayer”というファイルを開くと通常プレイに近い形でGTA5を起動することができます。

 

FiveM Application Data (FiveM.app)

FiveM Application Dataは、FiveMに関するファイルが収められたフォルダーです。

FiveM.appと表記されることが多いです。

FiveM.appを開くといくつかのフォルダーの中に”plugins”というフォルダーがあります。

今回はこのフォルダーにスクリプトMODを導入していきます。

 

\FiveM.app\pluginsに使いたいスクリプトを入れる

このまま起動してもMODが何も入っていないのでなにかMODを入れてみましょう。

ここではGTA5のMODではもはや必需品といってもいいMODメニューを導入してみましょう。

私のオススメはEnhanced Native Trainerです。

Keyゲーム内の操作
F4メニューを開く/閉じる
Num 8 / Num 2上下移動
Num 5決定
Num 0戻る
この他にもSimpleNativeTrainerやMenyooなどが有名です。(いずれも他のMODメニューと併用が可能ですが、キーが被るので設定ファイル内での変更が必要です。)
上記のリンクからダウンロードしてきたものを解凍し、”ENT Readme.rtf”以外のファイルを\FiveM.app\pluginsにコピーします。
あとは上の表を参考にゲーム内でF4を押して起動します。
無事に起動できれば成功です。
起動できない場合は、ファイルが正しく配置されているか、全角入力になっていないかなどを確認してみてください。

余談:スクリプトMODの種類

ここからは余談ですが、GTA5でMODを使いこなす上では知っておいて損はない話です。

GTA5のスクリプトMODにはいくつかの種類があります。

このページで詳しく解説していますが、スクリプトMODを大きく2つに分けると「ゲームフォルダーに入れるもの」と「scriptsフォルダーに入れるもの」の2種類です。

今回解説したMODはasiファイルという、ゲームフォルダーに直接入れるタイプのスクリプトでした。
実際にはscriptsフォルダーというフォルダーを使って導入するスクリプトMODがほとんどです。
なので、FiveMでそれらのMODを使う方法にも触れておきたいと思います。

免責事項

今から紹介する方法は実際に検証したものではなく、あくまでも私の仮説です。

実際に可能かどうかは試してみないとわからないのですが、なかなかそんな時間も気力も環境もないので紹介だけにとどめます。

pluginsフォルダーをゲームフォルダーやと思えばええねん

ここでは、GTA5内でも人気の高いこちらの頭文字D風のメーターを表示させるMODを例に取って説明します。

 

流れとしては以下のとおりです。

  1. pluginsフォルダーにScriptHookVDotNetを入れる
  2. pluginsフォルダー内にscriptsという名前のフォルダーをつくる
  3. scriptsフォルダー内にMODを導入する
まずは、pluginsフォルダーにScriptHookVDtoNetというものを入れます。
こちらからダウンロードできます。
https://www.gta5-mods.com/tools/scripthookv-net
ダウンロード出来たら、「ScriptHookVDotNet2.xml」と「ScriptHookVDotNet.asi」、「ScriptHookVDotNet2.dll」をpluginsフォルダーにコピーします。
続いてpluginsフォルダーの中に新しく”scripts”という名前のフォルダーを作ります。
このscriptsフォルダーというのがスクリプトMODを導入していく場所になると思ってください。
次に、今作ったscriptsフォルダーの中に「InitialDHud.dll」と「InitialDHud.ini」の2つをコピーします。
ということで、導入は以上です(笑)
scriptsフォルダーを利用するMODの場合は以上の方法で導入できるんじゃないかと思います。
この方法がうまくいけば、ほとんどのスクリプトMODが使えそうですね。
ぜひお試しいただいて結果をコメント欄にでも教えていただけたら嬉しいです(笑)

最後に

私はこれまでのポリシーとして、このブログに書く内容はすべて自分で試した内容だけと決めていました。

しかしながら、今回のEpic版GTA5に関する投稿については自分ではまったく試していません。

そのため、自信のない部分もあります。

それでもこんな記事を書いたのは、このタイミングで新たにGTA5を始めた方々がたくさんいらっしゃり、同じ趣味を持つ人間として少しでもお役に立てればと思ったので今回1年半振りに筆を取った次第です。

(こんなブログやっている以上ある種の義務感?(笑))

せっかくの機会なので新規だとか古参だとか、無知だとか詳しいだとかなんてつまらないこと抜きにしてみんなで楽しんじゃいましょう!

 

謝辞にかえて

【MODグラセフ5】完全無料のEPIC版でMODを導入する方法を解説しつつ遊んでみました!みやゆう先生のファンです!

今回、この記事の作成にあたり情報提供いただいた天狐さんが実際にこの方法を試された動画をアップされています。

まだまだGTA5は始めたばかりに思いますが、ぜひこれをきっかけにGTA5の世界にはまってもらえるようここに勝手に宣伝させてもらいます(笑)

情報提供ありがとうございました!

今回の執筆にあたり、他にもたくさんの方々から同様の情報が寄せられました。この場にて恐縮ですが、心より感謝申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする