Microsoft Windows 11イベントで発表された5つの主要なお知らせ

Windows 11オペレーティングシステムが発表され、いくつかの大きな変更がもたらされました。

待ちに待ったOS「Windows 11」の発表が行われましたが、その少し前に、インターネット上で予備的なビルドが非公式に公開されていました。新しいOSだけではなく、それに伴うWindowsのエコシステムの変化についても触れています。この記事では、マイクロソフトのイベントで発表されたトップ5について説明します。

Windows 11

主なものは、Windows 11オペレーティングシステムそのものの発表です。見た目も機能も一新されています。今年の秋には、新しいコンピューターに搭載される予定です。同時に、システム要件を満たしたデバイスであれば、Windows 10への無償アップグレードが可能になります。

Windows 11は、木曜または週のビッグニュースであるだけでなく、ここ数年のマイクロソフトの最大のニュースでもあります。ここでは、開発者が近年のいくつかのプロジェクトを組み合わせていますが、そのすべてが実現したわけではありません 公式メディア

新しいMicrosoft StoreAndroidアプリ

マイクロソフトはWindows 11でストアを刷新し、ビジネスのやり方を変えました。今後は、開発者が独自の収益源を利用できるようになります。つまり、自社のEコマースプラットフォームを利用すれば、すべての収益を完全に確保できるということです。

意外なことに、Windows 11は、Amazon Storeを通じてAndroidアプリをサポートすることを発表しました。これらのアプリはローカルにインストールされ、他のプログラムと同様にタスクバーやスタートメニューに表示されます。
Androidアプリに対応したことで、現在のコンピュータに新しいアプリの世界が広がりました。アマゾンストアの探索が必要になりますが、パソコンユーザーはこの動きを歓迎するしかありません。

センサー

新システムは、2in1のハイブリッドデバイスにも対応するため、開発者はタッチ操作を忘れてはいません。タブレットのSurface Pro 7のようなデバイスからキーボードを取り外すと、システムは別のフォームファクターに変わります。タスクバーのショートカットが伸びて、タッチエレメントが大きくなります。きっと、ハイブリッド機を回転させても同じことが起こるのでしょう。マイクロソフトはそのことについて何も言っていませんでしたが。

ウィンドウ固定のアップデートを提案する。パソコンやノートパソコンで使用されていますが、一部の新機能はタッチスクリーンに向けられています。例えば、アスペクト比3:2の画面を有効に使うために、ウィンドウを縦に重ねることができます。

マイクロソフトは、トラックパッドのジェスチャーをタッチスクリーンに導入しました。ジェスチャーは変わっていないので、何度も覚える必要はありません。例えば、3本指でスワイプすると、すべてのアプリが最小化されます。

ゲーム

Windows 11は、本格的な仕事のためだけのものではありません。エンターテインメント性も忘れていません。ゲーマー向けの改善点としては、DirectX 12 Ultimateのサポート、Direct Storage、Auto HDRが挙げられます。

AutoHDRは、標準的なダイナミックレンジであるSDRに対応しているゲームにHDRの効果を与えることができます。その結果、色やコントラストが向上し、ディテールがより鮮明になります。

ダイレクトストレージは、ゲーム機「Xbox Series X/S」で発表された技術ですが、今回、Windows 11にも搭載されることになりました。この技術を使用したゲームは、高性能なSSDを搭載していれば、読み込みが格段に速くなります。

DirectX 12 Ultimateには、Raytracing 1.1、Variable Speed Shading、Sampler Feedbackなどの開発者向け機能が搭載されています。開発者は、ゲームにおけるシステムリソースの消費を減らすことができます。

この変更は、他のWindowsの機能のように大々的なものではないかもしれませんが、何百万人ものゲーマーに利用されることになります。

TeamsアプリケーションがOSに搭載されました。

Skypeの代わりに、Microsoft Teamsをベースにした新しい「チャット」アプリケーションがデフォルトで使用されます。そこでは、画像や文書、その他のコンテンツをやり取りすることができます。ビデオ通話はタスクバーから直接起動します。

アプリの上部には「今すぐ会う」ボタンがあり、ユーザーがMicrosoftアカウントを持っていなくても、ビデオ通話に招待することができます。

チャットアプリは、Android端末やiPhoneでのテキスト送信に対応しています。

このアプリは便利そうですし、SkypeからMicrosoft Teamsへの移行を示唆しています。Skypeアプリケーションがなくなるわけではありませんが、マイクロソフトはもはやSkypeを重要なものとは考えていません。

結論

マイクロソフトは、Windows 11の他の変更点についても語っており、システムの使用感を向上させるはずです。ウィジェットにより、開発者はユーザーとの新たな対話方法を生み出すことができ、生産性向上機能により、システムの操作性が向上します。アニメーションの更新やメニューの角を丸くするなど、Windows 11の新しいルック&フィールに貢献しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする