【GTA】『ストグラ』とは?やり方やFVとストグラの違いを徹底解説!

世界的に人気のゲーム『GTA』。新作が去年の末に発表されてからまた人気に火のついたこのシリーズですが、皆さんはそんなGTAで数多くのストリーマーがロールプレイして遊んでいるのをご存知ですか?その名も『ストリートグラフィティロールプレイ』略して『ストグラ』。今回はそんなストグラ やり方やFVとの違いなどについて徹底解説していきます。

ストグラとは

ストグラとは『ストリートグラフィティロールプレイ』の略称です。『GTA5』をベースに作成されたストリーマー専用サーバーの中の『ロス・サントス』を舞台に、多数のストリーマーたちがアクセスし、住人としてロールプレイを行っています。その様子を配信し、視聴者たちはまるで神視点のようなポジションからこの世界をのぞき見することが可能になっています。GTA5のメタバースのような架空都市の中で住人の一人として生活を行っている姿は見ていて面白いものになっています。

主催者は?

ストグラの主催者であり、舞台となる街の市長を務めているのはストリーマーのしょぼすけ氏です。しょぼすけ氏いわく、“リアルとは違った人生を送ることができる楽しさをあじわえる世界”だそうです。

参加者

ストグラの凄いところは、毎晩100名を超えるストリーマーたちが、様々な動画配信プラットフォームにて生配信を行っているという点です。参加者の中にはゲーム関係のストリーマーだけでなく、声優の中村悠一さんや芸人の平井善之(アメリカザリガニ)さん、津田篤宏(ダイアン)さんなど、幅広いジャンルの人たちが住人として生活を楽しんでいます。

どんなことをするの?

そこで気になるのが、「一体どんなことをしているのか」という点ですよね。GTAと言えば、何でもありのゲーム特に『犯罪』の種類も豊富な作品です。なのでストグラのはギャングで抗争しているのかと思いきや、パンやを営んだり、喫茶店を開いたりと、ほんわかした普通の暮らしを行っています。もちろん、時には犯罪やギャンブル、警察とのチェイスや喧嘩なども存在します。何でもできてしまう世界でも、人と人が関わりあうことで、思い通りにいかない、そんな矛盾を含んだ世界になっています。

別の自分・なりたかった自分

参加者は、ストリーマーの自分としてプレイするのではなく、現実世界での肩書きも名前も捨て、別の自分としてロスサントスの街で生活を始めます。そこで演じるのは警察にギャング、きこリ、救急隊、エンジニア、ニート、一発ギャグ芸人など。小さいころなりたかった夢の職業に就いたり、静かに暮らしたりなど、理由は様々で、そういったストーリーも繰り広げられているのがこの「ストグラ」の魅力の一つです。現実世界とは異なったもう一人の自分として、この「ストグラ」の世界で生活を送れるというのは感慨深いですね。

参加条件、ルールや規則

何百人もの人が集まる『ストグラ』には、しっかりとした制約やルールが存在しています。それらがしっかりしているため、住人も観測者(視聴者)も健全に楽しめる世界になっています。ストグラ やり方の参加条件は以下の通り。

【参加必要条件】

  • 継続的にパブリックに向けて配信、動画投稿、芸能活動などを行っている方。
  • ルールや規律を守り、問題行動を起こさないと約束できる方。
  • SNSやYouTubeのフォロワーが最低2000人以上の方
  • しょぼすけが参加してほしいなと思った方!!
  • 18歳以上である方。

といった参加条件が存在します。他にも連絡が常時とれるようになっていたり、規則は参加者にのみ送られたりなど、しっかりとしたものとなっているので、気になった方は調べてみてください。

ストグラFVとは

ストグラFVとはストグラの支援者など配信者ではない一般人も参加可能なストグラの複製(ミラー)サーバーです。主催運営は同じくしょぼすけ氏が行っています。パトロンとしてストグラ運営に支援をした方に対して、おまけとして参加権限を付与される形となっています。あくまで、支援をしている人たちへのおまけであり、参加権を売っているわけではないのでそこは注意です。

まとめ

今回はストグラ やり方について紹介しましたがいかがでしたか。様々なストーリーが毎日繰り広げられている『ストグラ』の世界。今夜はいったいどんなストーリーが展開されるのでしょうか。