ロックスターエディターの動画を超高画質で書き出せる「Extended Video Export(EVE)」の使い方を解説するぜ!ブラーをつけたスクショも撮れるぜ!

シェアする

どうもお酒は少人数でちびちびだらだら朝まで派のHachiQ4です。

今回は、Rockstar Editorで編集した動画を超高画質で書き出すことのできるMOD「

Extended Video Export(EVE)」の使い方をいつもどおりそこそこわかりやすく解説してみます。

ブラーのかかった写真を撮りたい時に大活躍間違いなしです。

スポンサーリンク

Extended Video Export(EVE)

Extended Video Export(EVE)とは、ロックスターエディターで編集した動画を書き出す際の設定を変更することのできるMODです。

その特徴を簡単に書き出してみますと

  • 書き出し形式を変更できる
  • 書き出す動画のビットレートを変更できる
  • ENBやReshadeを適用した動画を書き出せる
  • 簡単にモーションブラーをかけることができる

みたいな感じです。

上の動画は実際にEVEを使って書き出したものですが、ブラーがかかっているのがわかりますね。

編集ソフトで書き出してYouTubeにアップしたのでビットレートがかなり下がってしまっていますが、デフォルト設定で書き出すだけでかなり綺麗な動画を出力してくれます。

その分書き出しにかなりの時間がかかってしまいますが(笑)

また、写真を撮るときにもかなり使えます。

モーションブラーを設定することでこのように動いているものにブラーがかかった写真を書き出すことができます。

スピード感のある写真を撮りたい時には重宝しそうです。

Extended Video Export(EVE)の導入

導入法はいたって簡単です。

導入に必要なもの

EVEの導入には以下のものが必要です。

ファイルの導入場所

ダウンロードしてきたEVEを適当な場所に解凍しておきます。

中身は以下のようになっています。

  • ExtendedVideoExport.asi
  • 「EVE」フォルダー

あとは、すべてのファイルとフォルダーをGTA5のメインフォルダーに入れれば導入作業は完了です。

[PR]クルマ好きのための写真投稿アプリ「CARTUNE」

CARTUNE 車とカスタムの写真共有SNS

CARTUNE 車とカスタムの写真共有SNS
開発元:Michael Inc
無料
posted with アプリーチ

Extended Video Export(EVE)の使い方

EVEの導入自体は簡単なのですが、使い方が少々厄介かもしれません。

ぶっちゃけそこまで詳しく分かっていないので触りだけ。

ExtendedVideoExport.ini

ExtendedVideoExport.iniでは、動画の書き出しに関する全般的な設定を行います。

enable_mod = true
auto_reload_config = true
output_folder = C:\Users\Videos\Grand Theft Auto V #動画の保存場所を指定します
log_level = error

[EXPORT]
fps = 60  #動画のフレームレートを設定します(30/60)
motion_blur_samples = 30  #よくわかりません(数字を大きくすると書き出しに時間がかかります)
motion_blur_strength = 1.5  #モーションブラーの強さを指定します
export_openexr = false

motion_blur_samplesについてはあまり良くわかっていないのですが、値を30にして60fpsで書き出してみたところ3分ちょっとの動画で4時間近くかかりました(笑)

(CPUはi5 3570k)

「presets」フォルダーとpreset.ini

EVEには標準でいくつかのプリセットが用意されています。

私はデフォルトとPNGの書き出ししかやっていませんが、編集ソフトなどに合わせて書き出し形式を変更することができるのは便利ですね。

書き出し時のプリセットを変更したい場合はEVEフォルダー内のpreset.iniを別のpreset.iniと入れ替えれえばOKです。

動画を書き出す方法

実際の動画の出力は、ロックスターエディターでプロジェクトを作成し、通常の書き出しと同じように書き出すだけです。

PNGを書き出すときの注意点

プリセットをPNGにしていた場合は全てのシーンが画像として出力されるので、長い動画の場合はとんでもない枚数の画像が書き出されてしまうので注意しましょう(笑)

fpsを下げて書き出す動画を短めに設定しておくことをおすすめします。

また、モーションブラーをかけたい時は、対象を固定しておかないとこのような躍動感溢れるすばらしい画像が出力されてしまいます(笑)

最後に

通常、ロックスターエディターで書き出した動画にはENBやReshadeが適用されない上に、ビットレートも10Mbps程度で書き出されてしまいます。

なので、私はロックスターエディターで動画を作るときは編集した動画をShadowPlayで録画していたのですが、これからはEVEを使うことで解決してしまいそうです(笑)

(といっても編集が苦手なのであまり使っていませんが…)

高くおりちーな動画を作ってみたいという方やかっこいい写真を撮りたいという方にはとてもおすすめなMODです。