7/24,25は不在のためブログの対応ができません。(質問やコメントは常に受け付けています。)

[FiveM]サーバーの管理・運営に便利な「EssentialModeBase」の導入方法の解説!サーバーにプレイヤー情報を保存できて便利!なんでもできちゃう!

FiveM

 

どうも最近ローソンの牛乳寒天がお気に入りのHachiQ4です。

今回は、FiveMサーバーの管理・運営に便利な「Essential Mode base」の紹介と導入方法の解説をしてみようと思います。

データベースを作成してそこにプレイヤー情報を保存できるようになります。

スポンサーリンク

FiveMについて

FiveMについての基本的なことから導入方法まではこちらの記事で解説しています。

GTA5でMODが使えるオンライン「FiveM」の基本的な導入方法と使い方の解説
どうも最近お気に入りのプロテインはレモン味なHachiQ4です。 今回は、通常はMODの類が一切アウトなGTA5オンラインの代わりに、MODが使えちゃうオンラインプレイを楽しむことができるFiveMの基本的な導入方法と使い方について解...続きを読む

ちなみに、私が公開しているサーバーもあります(笑)

FiveMサーバーを公開しました!みんなでドライブを楽しもうぜ!「Route894」
どうも夏バテ気味のHachiQ4です。 今回は、FiveMのサーバーを試験的に公開してみたのでそのご紹介をしてみようと思います。 今後も改良を続けてより多くの方々といっしょに楽しめればなと思います。

 

FiveMサーバーを立てよう講座

第一弾:「自分でサーバーを立てよう!(FXサーバー)」

FiveMのサーバーを立てる方法を解説!ただし、ポート開放とか車の入れ方とかそういうのはまた今度ね♪
どうも1年間で15kgも痩せてしまったHachiQ4です。 今回は、自分でFiveMのサーバーを立てて遊ぶまでの方法を解説していこうと思います。 ただし、ポート開放や車両の導入などはまた別の機会にしたいと思います。 ...続きを読む

第二弾:「サーバーの基本的な設定を済ませよう!」

FiveMサーバーの基本的な設定方法解説:キックやバンの仕方、サーバーの名前の変更、アイコンやロード画面の設定などなど
どうも朝ごはんのデザートもプロテインなHachiQ4です。 今回は、FiveMのサーバーの立て方解説第二弾として、サーバーの基本的な設定方法を私の分かる範囲で解説していきます。 この辺の設定を済ませておいた上でサーバーを...続きを読む

第三弾:「サーバーに車両MODを追加しよう!」

[FiveM]サーバーサイドで車両を追加する方法を解説![Replace/Add-On]
どうも元マヨラーのHachiQ4です。 今回は、FiveMのサーバーを立てる方法講座第3弾として「実車MODを入れる方法(サーバーサイド)」というテーマで解説していこうと思います。 なんやかんやでサーバーを建てるときに知...続きを読む

第四弾:「サーバーにマップMODを入れてみよう!」

FiveMのサーバーにマップMODを導入する方法を解説![マップごとReplace]
どうもカレーには生卵をトッピングするHachiQ4です。 今回は、FiveMのサーバーを立てる方法講座第4弾!FiveMサーバーにマップMODを入れる方法の解説です。 Add-On形式で導入する方法がよくわかってないので...続きを読む

第五弾:「サーバーを公開してみよう!」

[FiveM]サーバーを公開しよう!ポート開放の解説、安全性やその他おすすめしておきたいこと
どうもFiveMサーバーを立ててから明らかにゲームの時間が増えたHachiQ4です。 今回は、「FiveMサーバーの立て方講座」第五弾として、サーバーの公開方法とそれにまつわる色々なことについて解説していきます。 ここま...続きを読む

最終回(仮):「サーバーにプレイヤー情報を保存しよう!EssentialModeBase」

[FiveM]サーバーの管理・運営に便利な「EssentialModeBase」の導入方法の解説!サーバーにプレイヤー情報を保存できて便利!なんでもできちゃう!
どうも最近ローソンの牛乳寒天がお気に入りのHachiQ4です。 今回は、FiveMサーバーの管理・運営に便利な「Essential Mode base」の紹介と導入方法の解説をしてみようと思います。 データベースを作成し...続きを読む

 

Essential Modeとは

Essential Mode baseとはKanersps氏が公開しているFiveMサーバー用のリソースです。

CouchDBというデータベースを利用して簡単にデータベースを作成することができ、プレイヤーの情報をデータベースに保存することで、お金の管理やステータスの管理といったことができるようになります。

また、EssentialModeを利用したプラグインも数多く公開されているので、ご自身のFiveMをより本格的なサーバーにカスタムすることができます。

導入方法も意外と簡単ですし、ぜひ導入しておきたいプラグインです。

 

Essential Modeでできるようになること

EssentialModeを使えば簡単にデータベースを利用できると書いたものの、実際にどのようなことができるのでしょうか?

正直、私もサーバーを触り始めてからそんなに長いわけではないのであまり詳しくはありませんが、EssentialModeを使ってできるようになることをまとめてみます。

(もちろんここで紹介した以外にも様々な使い道があると思います。)

 

Admin機能

EssentialMode baseを導入すれば、非常に簡単にAdmin(管理者)機能を実装することができます。

詳しい使い方はあとで詳しく解説します。

 

お金(口座)機能

EssentialMode baseにはデフォルトでプレイヤーのお金を管理する機能が付いています。

また、この機能をさらに強化してプレイヤーの口座を管理する機能まで実装できちゃいます(笑)

[Release] [ES] Simple Banking port to 3.1.0
This is basically a port of this To the newest version of essential-mode, currently 3.1.0, everything works the same as in that version. It’s exactly the sam...続きを読む

 

警察などのミッション

LSPDFRのように警察ミッションをプレイすることも可能です。

[Release] [ESX] [Police Job]
Posted on behalf of @GiZz, the developer of ESX (ES Extended). : MySQL EssentialMode Base by @Kanersps: EssentialMode base ES Extended (ESX) by @GiZz: Au...続きを読む

 

ローカルチャット

GTAオンラインのようにフレンド同士だけでチャットをしたいということがありますが、FiveMのデフォルトのチャットではサポートされていません。

その機能を簡単に使えるようにすることも可能です。

[Release][EssentialMode] Me command, Do command and Private Messaging
I already posted a /me command but it was horribly wrong as you was required to edit the sv_admin file through essentialmode, so i made an extra script as well ...続きを読む

 

プレイヤーのモデルや武器などの管理

EssentialModeを使ってプレイヤーのモデルや、所持している武器を管理することもできます。

https://forum.fivem.net/t/release-essentialmode-loadouts-v2-2/15074

 

ガレージや車の保存

車両の購入やガレージ機能を実装することも簡単そうです。

ミッションによって得たお金を使って購入することになるので、まんまGTAオンラインですね(笑)

実車MODを使える上に、車両の価格も自由に変更することができるのでゲームバランスを自在にコントロールできます。

[Release] [ES] es_garages | Vehicle Ownership & Garages
Name: es_garages Version: 1.0.0 EssentialMode Version(minimum): 3.1.0 Download: Discord: Installation: Extract the folder to your resources, append “es_g...続きを読む

 

不動産機能

FiveMで物件の管理までできちゃいます(笑)

[Release] [ESX] [Real Estate Agent Job]
Posted on behalf of @GiZz, the developer of ESX (ES Extended). : MySQL EssentialMode Base by @Kanersps: EssentialMode base ES Extended (ESX) by @GiZz: es...続きを読む

 

サーバー内でチームを作ったり役割を管理したり

サーバー内でチームや役割を管理することも簡単です。

rolesFXのように自分でIDを追加したりする必要もないのでとても便利そうです。

[Example Resource][ES] Team System & Chat Roles
This is an EssentialMode script I wrote that allows players to choose teams, it can be built on with quite a lot more. It also offers custom chat roles based on...続きを読む

 

というかロールプレイ全般

データベースにプレイヤーの情報を保存できるわけなので、ぶっちゃけロールプレイ全般を楽しむことができます(笑)

アイデア次第でかなりおもしろいサーバーを作ることができそうです。

https://forum.fivem.net/t/essentialmode-4-fxserver-es-rp–the–roleplay-gamemode-beta-ish-or-so/27745

 

Essential Modeの導入方法

多彩なカスタマイズが可能なEssentialMode baseですが、それらを利用するためにはとりあえず導入してみないことには始まりません。

ということで早速導入してみましょう!

 

EssentialMode baseのダウンロード

EssentialMode baseはフォーラムページからダウンロードできます。

[Release] EssentialMode base
Name: EssentialMode Version: 5.0.2 Download(FXServer): Documentation: My discord: Tipping jar: Installation(FXServver): Extract the folder to your res...続きを読む

 

EssentialMode baseをインストール

EssentialModeのインストール方法も他のリソーススクリプトと変わりません。

「resources」フォルダーに「essentialmode」フォルダーごとコピーし、server.cfgのオートスタートリソースに”start essentialmode”と追記します。

 

CouchDBのインストール

EssentialMode baseを利用するにはCouchDBというデータベース管理システムを利用します。

とりあえず公式ページから最新版をインストールしておきましょう。

インストール先の変更などは特に必要ありません。

Apache CouchDB

 

CouchDBでアカウントを作成

CouchDBをインストールしたらhttp://127.0.0.1/にアクセスして管理画面を開きます。

次に、一番下のアイコンをクリックし、アカウントを作成します。

EssentialModeの設定はこんな感じです。

  • User:root(これも多分任意)
  • Password:任意

 

アカウント情報を”config.lua”に記述

アカウントを作成したら、その情報をEssentialModeの”config.lua”に記述します。

ip = GetConvar('es_couchdb_url', '127.0.0.1') 	--変更の必要はありません
port = GetConvar('es_couchdb_port', '5984') 	--おそらく変更の必要はありません
auth = GetConvar('es_couchdb_password', 'root:1202') 	-- "user:password", のように記述します

 

サーバーを起動して導入できているか確認

ここまでできたらとりあえずサーバーを起動してみましょう。

サーバーのコンソールの下部に上の画像のような表示がされれば導入成功です。

 

ユーザーの情報を確認する

EssentialModeをインストールしてCouchDBのコンソールを開くとこのようにユーザー情報を取得することができます。

ここにはサーバーに接続したすべてのユーザーの情報が表示されます。

 

ES_Adminの使い方

次は実際にプラグインを導入してみましょう。

私がEssentialModeに一番期待していた機能がこのAdmin機能です。

EssentialMode base 4.6には”ES_Admin2″というプラグインが同梱されています。

これを使えば簡単に管理者機能を実装することができます。

 

ES_Admin2のインストール

他のリソーススクリプトと同様に「resources」フォルダーに「es_admin2」フォルダーをコピーして、”server.cfg”に”start es_admin2″と追記してください。

 

ユーザーグループ機能

ES_Admin2はユーザーグループ機能をサポートしています。

  • Superadmin
  • Admin
  • Mod(Moderator)

それぞれの権限は”server.lua”にて利用できるコマンドを指定することで変更できます。

 

ユーザーをグループに追加する

ユーザーをグループに追加するにはFiveMサーバーのリモートコンソールである「icecon」を使います。

例えば、自分をSuperadminにするには手順は以下のとおりです。

  1. とりあえずサーバーに入室しておく
  2. iceconで”status”と入力して自分のIDを取得する(仮にID=1とします)
  3. 次に”setgroup 1 superadmin”と入力

これで完了です。

ほかのユーザーを他のグループに追加したい時も同じ手順で行えます。

(“setgroup [ID][group]”)

また、先程紹介したCouchDBのコンソールからもユーザー情報を編集できますが、視認性が悪いのであまり便利とは言えません(笑)

 

 

コマンドサポート

ES_Admin2はサーバーの管理に必要ないくつかのコマンドをサポートしています。

例えば

  • /kick[ID][reason]:プレイヤーをキックします
  • /slay[ID]:プレイヤーを殺します(笑)
  • /announce[text]:お知らせとしてチャットを投稿します

他にも便利なコマンドが用意されています。

これらのコマンドはすべてチャットの入力画面から利用できるので、わざわざAlt+tabでiceconに切り替えてIDを確認して~といった面倒な作業は必要ありません。

ユーザーのIDはキーボードもしくはコントローラーの”↑”キーで確認することができます。

 

グループステータスの確認方法

サーバー内で自分のステータスを確認するには”/admin”と入力します。

(すべてのユーザーが利用できるコマンドです)

また、チャットボックスに”/”と入力するとコマンドリストが表示されるので非常に便利です。

 

最後に

これまで6回に渡ってFiveMサーバーの立て方からそのカスタマイズ方法を解説してきました。

ここまでくればある程度自分自身でサーバーをカスタムできるようになっているのではないでしょうか?

実際、私もまだまだわかっていないことだらけですが、フォーラムで調べてみると意外と答えが見つかったりします。(もちろん英語オンリーなので大変ですが(笑))

最初はとっつきにくく感じてしまうかもしれませんが、実際にやってみるとそんなに難しいことはありません。

私のブログをきっかけにFiveMで日本のサーバーが増えてくれることを願っています!

コメント