FiveMにReshadeやTimecycleなどのグラフィックMODを入れる方法とついでにhandling.metaの入れ方も解説+α

 

どうもカープが優勝した喜びから久々に一人酒をして軽く二日酔いと胃もたれなHachiQ4です。

今回は、FiveMにReshadeやTimecycleを入れる方法とついでにhandling.metaの入れ方も解説してみます。

FiveMのReplace車両でドリフトするにはクライアント側でハンドリングをいじる必要があります。

FiveMについて

FiveMについての基本的なことから導入方法まではこちらの記事で解説しています。

GTA5でMODが使えるオンライン「FiveM」の基本的な導入方法と使い方の解説
どうも最近お気に入りのプロテインはレモン味なHachiQ4です。 今回は、通常はMODの類が一切アウトなGTA5オンラインの代わりに、MODが使えちゃうオンラインプレイを楽しむことができるFiveMの基本的な導入方法と使い方について解…続きを読む

 

FiveMサーバーを立てよう講座

第一弾:「自分でサーバーを立てよう!(FXサーバー)」

FiveMのサーバーを立てる方法を解説!ただし、ポート開放とか車の入れ方とかそういうのはまた今度ね♪
どうも1年間で15kgも痩せてしまったHachiQ4です。 今回は、自分でFiveMのサーバーを立てて遊ぶまでの方法を解説していこうと思います。 ただし、ポート開放や車両の導入などはまた別の機会にしたいと思います。 …続きを読む

第二弾:「サーバーの基本的な設定を済ませよう!」

FiveMサーバーの基本的な設定方法解説:キックやバンの仕方、サーバーの名前の変更、アイコンやロード画面の設定などなど
どうも朝ごはんのデザートもプロテインなHachiQ4です。 今回は、FiveMのサーバーの立て方解説第二弾として、サーバーの基本的な設定方法を私の分かる範囲で解説していきます。 この辺の設定を済ませておいた上でサーバーを…続きを読む

第三弾:「サーバーに車両MODを追加しよう!」

[FiveM]サーバーサイドで車両を追加する方法を解説![Replace/Add-On]
どうも元マヨラーのHachiQ4です。 今回は、FiveMのサーバーを立てる方法講座第3弾として「実車MODを入れる方法(サーバーサイド)」というテーマで解説していこうと思います。 なんやかんやでサーバーを建てるときに知…続きを読む

第四弾:「サーバーにマップMODを入れてみよう!」

FiveMのサーバーにマップMODを導入する方法を解説![マップごとReplace]
どうもカレーには生卵をトッピングするHachiQ4です。 今回は、FiveMのサーバーを立てる方法講座第4弾!FiveMサーバーにマップMODを入れる方法の解説です。 Add-On形式で導入する方法がよくわかってないので…続きを読む

第五弾:「サーバーを公開してみよう!」

[FiveM]サーバーを公開しよう!ポート開放の解説、安全性やその他おすすめしておきたいこと
どうもFiveMサーバーを立ててから明らかにゲームの時間が増えたHachiQ4です。 今回は、「FiveMサーバーの立て方講座」第五弾として、サーバーの公開方法とそれにまつわる色々なことについて解説していきます。 ここま…続きを読む

最終回(仮):「サーバーにプレイヤー情報を保存しよう!EssentialModeBase」

[FiveM]サーバーの管理・運営に便利な「EssentialModeBase」の導入方法の解説!サーバーにプレイヤー情報を保存できて便利!なんでもできちゃう!
どうも最近ローソンの牛乳寒天がお気に入りのHachiQ4です。 今回は、FiveMサーバーの管理・運営に便利な「Essential Mode base」の紹介と導入方法の解説をしてみようと思います。 データベースを作成し…続きを読む

 

クライアントサイドでファイルを入れる場所

クライアント側で入れたものは基本的に自分にのみ適用されます。

もちろんサーバーサイドでしか変更できないものもあります。

例えば、Add-On車両のハンドリングやマップMODなどはサーバーサイドでしか入れることができません。

しかし、グラフィックMODはそれぞれのPC環境に左右されるためサーバー側で統一することはできません。

そんなわけで、まずはクライアントサイドで入れ替えることのできるファイルと入れ替え場所を超ざっくりと説明します。

FiveM.app:FiveM Application Data(カタツムリのアイコン)

 

\FiveM.app\citizen\common

GTA5でいうところの”update/update.rpf/common/data”に当たるところです。

handling.metaやvisualsettings.dataはここに入れます。

 

\FiveM.app\citizen\common\data\levels\gta5

vehicles.metaが必要な場合はここに入れます。

 

\FiveM.app\citizen\common\data\timecycle

timecycleを入れたい場合は新しく「timecycle」という名前のフォルダーを作っていれます。

 

 

初期状態では存在しないフォルダーもあるので、その場合は適宜自分で作成してください。

 

PR:何かを始めるのに遅すぎるということはないのだ

PR:何かを始めるのに遅すぎるということはないのだ

Timecycleの入れ方

FiveMにグラフィックMODを入れる方法は検索してもなかなか見つからないと思うのですが、ぶっちゃけめちゃくちゃ簡単です。

ただでさえ簡単なのに以前紹介したNVRなんかはFiveM用のプリセットも用意してくれています(笑)

てなわけで、ここではFiveMにNVRを入れる方法を解説しますが、そのほかのグラフィックMODもファイルを入れる場所は同じです。

 

NVRのダウンロード

なにはともあれNVR本体をダウンロードしておきましょう。

404 Page Not Found

 

FiveMにだけ導入する場合はGTA5にインストールする必要はありません。

一応GTA5でのNVRの導入方法も解説してはいます。

GTA5最強のグラフィックMOD「Natural Vision」が究極進化!「Natural Vision Remastered」の導入方法の解説
どうも納豆だけはどうしても食べれないHachiQ4です。 今回は、私が普段から愛用しているグラフィックMOD「Natural Vision」がアップデートされ、より進化したグラフィックとして生まれ変わったので導入方法の解説をし…続きを読む

 

FiveM Installer内のrpfファイルをOpenIVで開く

NVRをダウンロードするといろんなファイルが入っていますが、FiveMで使うのは「FiveM Installer」内にある”NaturalVisionRemastered.rpf”の中に入っているファイルのみです。

\Natural Vision Remastered\Optional Add-Ons\9. FiveM Installer\addons

この場所にある”NaturalVisionRemastered.rpf”をOpenIVで開きます。

するとこのように2つのフォルダーが入っているので、これらをそのまま以下の場所にコピーしちゃいます。

\FiveM.app\citizen

以上です(笑)

 

 

Reshadeの入れ方

Reshadeもこれまた簡単にインストールできちゃいます。

私が使っているプリセットをダウンロードできるようにしているのでよかったら使ってください(笑)

https://geek894.com/download/4372

 

Reshadeの導入方法

「reshade-shaders」フォルダーをはじめ、dxgiなどのファイルを”FiveM.exe”と”FiveM Application Data”が入っている場所にコピーします。

 

dxgi.iniを編集

ひとつだけ注意点として、正しく適用させるには”dxgi.ini”の記述を自分の環境に合わせて書き換える必要があります。

例えば、私のファイルを開いてもらうと”dxgi.ini”にこのような記述があります。

TextureSearchPaths=C:\Users\GTA5\FiveM\FiveM,C:\Users\GTA5\FiveM\FiveM\ReShadeTextures

この中のファイルのパスを自分のインストール先に変えます。

TextureSearchPaths=C:\example\FiveM\,C:\example\FiveM\ReShadeTextures

 

handling.metaの入れ方

Add-On車両であればサーバーサイドでハンドリングを用意できるのですが、Replace車両ではそうはいきません。

そんなわけでReplace車両でドリフトしたい場合はご自分でハンドリングを入れ替える必要があります。

 

例えば、以下のhandling.metaを使う方法があります。

GTA5-Mods.com

これをダウンロードするといくつかの車両のハンドリングがドリフト用に書き換えられています。

(詳しくはリンク先を読んでください)

これを適用させるにはhandling.metaを以下の場所に入れます。

FiveM.app\citizen\common\data

これでFiveMでfutoなどを使った時にドリフトできるようになっているはずです。

 

自分でhandling.metaを編集する

上のhandling.metaは全ての車両でドリフトできるわけではないので、場合によっては自分で編集する必要が出てきます。

編集するといってもいちから自分でいじるのは難しいので基本的にはコピペするだけです(笑)

私が使っているのはこれです。

Real Drift Mod – Choose Any Car
VIDEO – Choose the car you want to do drift with and copy my code onto the car in the handling.meta. Instructions are in the download. I have inclu…続きを読む

例えばbansheeのハンドリングはバニラ状態では以下のようになっています。

    <Item type="CHandlingData">       <handlingName>BANSHEE</handlingName>       <fMass value="1200.000000" />       <fInitialDragCoeff value="10.500000" />       <fPercentSubmerged value="85.000000" />       <vecCentreOfMassOffset x="0.000000" y="0.000000" z="0.000000" />       <vecInertiaMultiplier x="1.000000" y="1.400000" z="1.200000" />       <fDriveBiasFront value="0.000000" />       <nInitialDriveGears value="5" />       <fInitialDriveForce value="0.340000" />       <fDriveInertia value="1.000000" />       <fClutchChangeRateScaleUpShift value="2.200000" />       <fClutchChangeRateScaleDownShift value="2.200000" />       <fInitialDriveMaxFlatVel value="148.000000" />       <fBrakeForce value="1.000000" />       <fBrakeBiasFront value="0.550000" />       <fHandBrakeForce value="0.700000" />       <fSteeringLock value="40.000000" />       <fTractionCurveMax value="2.420000" />       <fTractionCurveMin value="2.320000" />       <fTractionCurveLateral value="22.500000" />       <fTractionSpringDeltaMax value="0.150000" />       <fLowSpeedTractionLossMult value="1.000000" />       <fCamberStiffnesss value="0.000000" />       <fTractionBiasFront value="0.487000" />       <fTractionLossMult value="1.000000" />       <fSuspensionForce value="2.000000" />       <fSuspensionCompDamp value="1.300000" />       <fSuspensionReboundDamp value="2.000000" />       <fSuspensionUpperLimit value="0.080000" />       <fSuspensionLowerLimit value="-0.100000" />       <fSuspensionRaise value="0.000000" />       <fSuspensionBiasFront value="0.500000" />       <fAntiRollBarForce value="1.000000" />       <fAntiRollBarBiasFront value="0.550000" />       <fRollCentreHeightFront value="0.420000" />       <fRollCentreHeightRear value="0.420000" />       <fCollisionDamageMult value="0.700000" />       <fWeaponDamageMult value="1.000000" />       <fDeformationDamageMult value="0.700000" />       <fEngineDamageMult value="1.500000" />       <fPetrolTankVolume value="65.000000" />       <fOilVolume value="6.500000" />       <fSeatOffsetDistX value="0.000000" />       <fSeatOffsetDistY value="0.000000" />       <fSeatOffsetDistZ value="0.000000" />       <nMonetaryValue value="150000" />       <strModelFlags>440010</strModelFlags>       <strHandlingFlags>0</strHandlingFlags>       <strDamageFlags>0</strDamageFlags>       <AIHandling>SPORTS_CAR</AIHandling>       <SubHandlingData>         <Item type="CCarHandlingData">           <fBackEndPopUpCarImpulseMult value="0.100000" />           <fBackEndPopUpBuildingImpulseMult value="0.030000" />           <fBackEndPopUpMaxDeltaSpeed value="0.600000" />         </Item>         <Item type="NULL" />         <Item type="NULL" />       </SubHandlingData>     </Item>

これをドリフト用のものに書き換えるとこんな感じです。

    <Item type="CHandlingData">       <handlingName>BANSHEE</handlingName>       <fMass value="3000.000000" />       <fInitialDragCoeff value="6.220000" />       <fPercentSubmerged value="85.000000" />       <vecCentreOfMassOffset x="0.000000" y="0.000000" z="0.000000" />       <vecInertiaMultiplier x="1.200000" y="1.200000" z="1.600000" />       <fDriveBiasFront value="0.000000" />       <nInitialDriveGears value="3" />       <fInitialDriveForce value="5.430000" />       <fDriveInertia value="1.300000" />       <fClutchChangeRateScaleUpShift value="1.600000" />       <fClutchChangeRateScaleDownShift value="1.600000" />       <fInitialDriveMaxFlatVel value="160.000000" />       <fBrakeForce value="1.500000" />       <fBrakeBiasFront value="0.550000" />       <fHandBrakeForce value="1.200000" />       <fSteeringLock value="63.000000" />       <fTractionCurveMax value="0.900000" />       <fTractionCurveMin value="1.400000" />       <fTractionCurveLateral value="22.500000" />       <fTractionSpringDeltaMax value="0.150000" />       <fLowSpeedTractionLossMult value="1.000000" />       <fCamberStiffnesss value="0.000000" />       <fTractionBiasFront value="0.500000" />       <fTractionLossMult value="1.000000" />       <fSuspensionForce value="3.000000" />       <fSuspensionCompDamp value="1.800000" />       <fSuspensionReboundDamp value="2.800000" />       <fSuspensionUpperLimit value="0.100000" />       <fSuspensionLowerLimit value="-0.160000" />       <fSuspensionRaise value="-0.04000" />       <fSuspensionBiasFront value="0.500000" />       <fAntiRollBarForce value="0.500000" />       <fAntiRollBarBiasFront value="0.470000" />       <fRollCentreHeightFront value="0.200000" />       <fRollCentreHeightRear value="0.250000" />       <fCollisionDamageMult value="0.000000" />       <fWeaponDamageMult value="0.000000" />       <fDeformationDamageMult value="0.000000" />       <fEngineDamageMult value="0.000000" />       <fPetrolTankVolume value="65.000000" />       <fOilVolume value="5.000000" />       <fSeatOffsetDistX value="0.000000" />       <fSeatOffsetDistY value="0.000000" />       <fSeatOffsetDistZ value="0.100000" />       <nMonetaryValue value="150000" />       <strModelFlags>4400104</strModelFlags>       <strHandlingFlags>0</strHandlingFlags>       <strDamageFlags>0</strDamageFlags>       <AIHandling>SPORTS_CAR</AIHandling>       <SubHandlingData>         <Item type="CCarHandlingData">           <fBackEndPopUpCarImpulseMult value="0.100000" />           <fBackEndPopUpBuildingImpulseMult value="0.030000" />           <fBackEndPopUpMaxDeltaSpeed value="0.600000" />         </Item>         <Item type="NULL" />         <Item type="NULL" />       </SubHandlingData>     </Item>

コピペするだけなので本当に簡単です(笑)

 

おまけ:バーンナウトMODの入れ方

ドリフトするときはタイヤスモークをもくもくさせたいものですが、これもサーバーサイドではどうしようもないので自分で導入する必要があります。

★ Particles Effects ★
★NEW VERSION 8.5.1★ This version is similar to the previous 8.5 only the sensitivity of the frigtion in the curves is modified ★OLD VERSION 8.5★ ★Th…続きを読む

このMODをダウンロードして、中に入っている”wheelfx.dat”を以下の場所にいれてください。

\FiveM.app\citizen\common\data\effects

多分これで反映されます(笑)

 

最後に

最後になりますが、初期状態では「citizen」フォルダーの中に作られていないフォルダーがあります。

その場合はご自分で新しいフォルダーを作ってそれぞれの名前にリネームしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする